兼六園 カキツバタ(杜若)は最高潮

兼六園内曲水にかる橋の上流側または下流側のところどころで「カキツバタ」が群生して咲いています。
この写真は花見橋下流から花見橋を望む場所です。

花見橋中央からの撮影です。

唐崎の松そばの仮橋淵のカキツバタ。曲水の両側で見事に並列

月見橋から上流の仮橋の中間の場所です。「カキツバタ」は久しぶりに水面に美しく浮かんで見えます。

ことじ灯籠からやや上流の場所です。
かって江戸時代には、手前の竹で編んだものがある場所の曲水から逆サイフォン方式で金沢城城内に一部水を取り入れた場所です。

関連記事

  1. ヒョウタンの花 蓮池門料金所
PAGE TOP