基金について

設置の趣旨・目的

四季のうつりかわり、木の葉のささやき、小鳥や小動物との出会い。身近な緑とのふれあいは、私たちの生活にうるおいとやすらぎを与えてくれます。
  豊かな緑は、美しい景観の創出、気象の緩和、大気の浄化、生き物の生息場所など、さまざまな機能を有したかけがえのない存在です。緑を守り育てることは、私たちみんなのねがいです。
  行政は都市内に緑を積極的に増やすため、公園や緑地の整備、道路や河川等の緑化を進めていますが、これとあわせて、市街地の過半を占める民有地の緑化を進めることが、総合的な緑化を進めるうえで何よりも大切です。
  このため、県民の皆様の積極的な参加と協力を得ながら緑化を推進する母体として、「財団法人いしかわ緑のまち基金」を昭和60年に設立しました。
  この基金は、皆様方からいただいた寄付金を積み立て、その果実(利息)を永続的な緑化活動に役立てようとするものです。
  当財団は2010年11月1日付けで公益財団法人へ移行登記しました。

位置づけ

基金の位置付け
 

仕組み

基金の仕組
 

ご寄付のお願い

石川県の都市の緑を保全し、緑化活動を推進する事業を行うため、皆様からのご寄附をお願いしております。詳細はこちら

財務諸表・定款等

これまでの主な事業

緑化イベント等への参加、助成

・金沢駅前緑化
新幹線開業一周年を記念し、金沢駅前にひゃくまんさんの花壇を設置しました。

花苗や花の種の配布

・犀川緑地開園記念式典で、花の苗を配布しました。

・香林坊RCのイベントでの花の種の配布
自然や環境を大切にする意識を高めてもらうため金沢城公園で行われたイベントで、花の種を配布しました。

「青少年かなざわ緑化普及プロジェクト~気球に乗って空から観た金沢の緑~
写真:金沢香林坊ロータリークラブ提供

・保育施設への花苗の配布
幼稚園、保育園等に花の苗を配布し、子ども達に緑化活動に参加してもらいました。

山中ふたば保育園                                山島保育園

くるみ保育園

緑と花のまちづくり講座の開催(隔年開催)

地域緑化、花のあるまちづくり活動への理解や知識を高めるため、花や緑に関する講座を開催しました。


平成27年度開催状況

PAGE TOP