兼六園 兼六園菊桜

兼六園の桜は八重咲き・菊咲き中心に次々と咲いてきています。
この中で、花弁が300枚程あって見事な「ケンロクエンキクザクラ(兼六園菊桜)」が数輪開いていました。
写真では開いたもの、開き始めのものと序々に開く様子がわかるのではないかな?と思います。
これから花弁いっぱいに広がっていきます。
尚、花弁は最初の内は美しい淡紅色で満開になる頃までは序々に白に近い色に変化していきます。

関連記事

  1. モリアオガエルの卵塊
PAGE TOP